はじめてのポルシェ(2)ポルシェのブレーキは宇宙一?
はじめてのポルシェ(2)ポルシェのブレーキは宇宙一?

はじめてのポルシェ(2)ポルシェのブレーキは宇宙一?

宇宙一と称されるポルシェのブレーキ

すごいすごいと評判のポルシェのブレーキについてよく知りたいと思い、Googleで検索してみました。すると予測候補に「ポルシェ ブレーキ 宇宙一」と出てきます。

宇宙一!!

どうやら「ポルシェのブレーキは宇宙一」という名言は、自動車評論家の清水和夫さんのお言葉。

私はつい最近までブレーキの仕組みも知らなかったですし、タイヤの中にチラッと見えるブレーキキャリパーがブレーキだということすら知りませんでした。

そんな初心者の私でもポルシェのブレーキのすごさを理解できるように、まとめてみました。

赤キャリパー

世界のブレンボと共同開発したブレーキを使用

ブレンボとはイタリアのブレーキメーカーです。

1961年の創業以来、ブレーキディスクをはじめとするブレーキシステムを製造。その製品の質が評価され、F1などのモータースポーツをはじめ、ポルシェ、フェラーリやAMGなどの高性能車にも採用されています。

そんな世界のブレンボとの共同開発によって、ポルシェのブレーキは作られています。

黒キャリパー

ポルシェが求めるブレーキ性能とは

エンジン出力の4倍の制動力

エンジン出力と制動力は、光と影のように切っても切れない関係だといいます。

ポルシェがブレーキに求める制動力は、実にエンジン出力の4倍。たとえば、991型GT3の馬力は510PSなので、ブレーキには2000PS以上の制動力が必要というわけです。

ブレーキシステムは、車輛重量、軸荷重配分、加速性能、最高速度などたくさんのパラメーターに基づいて設計されます。そこから冷却効率やタイヤサイズなども含めて検討を重ねていきます。また、ブレーキのたびに大きな音が鳴るのでは、一般道ではとても走れないので、制動力に加えて、静粛性や快適性も求められます。

厳しい基準をクリアするための数々のテスト

ブレーキの開発過程の中で、数々のテストがあります。中でも超高速テストコースで行われるテストが最も厳しいものだと言われています。

このテストでは、時速90kmから230kmへ加速して急ブレーキで停止させます。この急ブレーキを繰り返すこと15回。この時点で、ブレーキディスクの温度は750℃に達します。いったん150℃までディスクを冷まして、冷却効率のテストです。そして、また急ブレーキを5回繰り返し、制動力が落ちていないかをテストします。

このようなポルシェ独自の厳しい基準をクリアして初めて、宇宙一のブレーキシステムが生まれるのです。

PCCB

ベストブレーキングカーで堂々1位に輝くポルシェ

ドイツの自動車専門誌『アウト・モトーア・ウント・シュポルト』が、「時速100キロから完全停車までの制動距離が世界で一番短い車はどれか」をテーマに、ランキングで発表しました。

このテストは、数日間にわたって実施されます。成人2人が乗った状態で、急停車を9回行ってブレーキを温めた後、10回目を計測の対象とします。

2016年度のランキング

  1. ポルシェ 911 GT3(991):30.7m
  2. シボレー コルベットZ06(C6):31.0m
  3. フェラーリ F12ベルリネッタ / KTMクロスボウ GT:31.3m

2018年度のランキング

同じ車種はひとまとめにして、ブレーキ性能が最も高かったモデルをランキング

  1. ポルシェ 911 GT2RS(991):29.3m
  2. フェラーリ 488 GTB:30.2m 
  3. シボレー・コルベットGrand Sport(C7)/ Z06(C7):31.0m

ちなみにポルシェは、8位 スパイダー(918)31.4m、17位 911 Sport Classic(997)32.1m、31位 ケイマンS(981)32.6m、33位 ボクスターS(718)が32.7mでランクインしています。(モデル違いは省略)

2021年度のランキング

※ 同じ車種はひとまとめにして、ブレーキ性能が最も高かったモデルでランキング

  1. ポルシェ 911 GT3RS(991):28.2m
  2. マクラーレン セナ:28.5m
  3. フェラーリ 488 ピスタ:29.6m

ちなみにポルシェは、12位にスパイダー(918)が31.4mでランクイン(上位15位まで)しています。

参考

ポルシェのブレーキの見分け方

ポルシェのブレーキキャリパーには、グレードによって色分けされています。

  • ブラック」:モータースポーツからの技術移転によって高負荷時にも不変の制動効果を発揮。ブレーキキャリパーはアルマイト製。密封式モノブロックデザインにより、高い剛性、優れた応答性、軽量、タイトなペダルストロークを実現している。
  • シルバー」「レッド」:ブラックの強化型モデル。
  • イエロー」ポルシェ セラミック コンポジット ブレーキ(PCCB):大きな制動力を発揮。高速走行からのブレーキング時の極めて短い制動距離と最高の安全性によって、過酷な走行条件における優れた制御が可能になる。灰鋳鉄ディスクより50%軽い。グリップ、乗り心地、および俊敏性が向上する。
  • ホワイト」ポルシェ サーフェス コーテッド ブレーキ(PSCB):新型カイエンSに標準装備。スチール製のブレーキディスクとセラミックコーティングを組み合わせたもの。制動力はPCCBに迫るレベルで、寿命も鋳鉄ブレーキに比べて約30%向上。ディスクの耐腐食性が向上し、錆びや変色に強い。従来の灰鋳鉄ディスクに比べて9 割前後の大幅なダストを減少。
  • アシッドグリーン」:カイエン、パナメーラのハイブリッド車用のキャリパー。PCCBも同色のアシッドグリーン。
 
※ PCCBのイエローは、形状と機能はそのままで、あえてハイグロスブラックで塗装するというオプションもあります。
参考

まとめ

  • ポルシェのブレーキはブレンボとの共同開発で作られている。
  • ポルシェの求めるブレーキ制動力はエンジン出力の4倍
  • ポルシェ独自の基準を満たすため、厳しいブレーキテストが実施されている。
  • 制動力ランキングでは、毎回ポルシェがトップ
  • ブレーキ性能は年々どんどん向上している。
  • ポルシェのブレーキは宇宙一!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です