siori、車を買う(2)購入から納車まで
siori、車を買う(2)購入から納車まで

siori、車を買う(2)購入から納車まで

前回の記事:siori、車を買う(1)

車決めました

「クーパーS」「ポロGTI」「ルーテシアR.S.」の3台の中から、購入する車を決めました。

デザインは圧倒的にクーパーが一番好きです。街中にはこだわり抜かれたオシャレなクーパーがたくさん走っています。せっかくクーパーに乗るなら、私も配色や柄など徹底的にこだわりたいです。そのときまでクーパーはとっておこうと思います。

そんなわけで、ポロかルーテシアの2択になったのですが、ほとんど直感で決めちゃいました。

今回私が選んだのは、ルノーのルーテシアR.S.です!

ネットで試乗記や動画で見ていると、みんなが「おもしろい車だ!」と、すごく楽しそうだったので私もどんどん興味が出てきました。まずはその楽しさを味わえるほど運転できるようにならないといけませんね。

テヘペロ女性

初めて中古車を購入して知ったこと

諸経費が販売店によって異なる

今回、直接お店に行って見積もってもらったのは3店舗。他にネットで見積もってもらったところも1店舗あります。

それぞれの見積もりを見比べて気付いたのは、販売店によって諸経費が三者三様だったことです。それも車を選ぶ上で悩む要因となりました。しかも諸経費の項目名が違うので、比較するのも大変でした。

車検を除いた諸経費で10万円も違う。となると、販売店選びも重要ポイントですね。

パソコンの前で困っている女性

購入を決めてから、支払い、書類の準備、手続きなどで忙しい毎日でした。警察署や役所(マイナンバーカードがあれば不要)にも出向かないといけないので、平日の日中に時間がとれないとかなり厳しいです(お昼休みの時間帯は受け付けていないところもあるので注意)。

想像していた以上にいろんな行程があって苦労したので、今後のためにも簡単にまとめておこうと思います。

納車までの準備

納車までに必要な書類とお金(車両代金と諸経費を除く)

  • 印鑑証明書:印鑑登録は無料。証明書の発行は手数料350円
  • 車庫証明:2,500円〜2,850円。都道府県によって異なる。販売店で代行してもらう場合、15,000円〜20,000円かかる。
  • 名義変更手続きの委任状:販売店に名義変更手続きを依頼する場合

申込金の支払い、書類作成や発送などもろもろ終えて、ついに納車です。

購入を決めてから納車まで2週間かかりました。

ルーテシア納車の日

ルーテシア RS 外観

「うちのルーテシアR.S.」になりました

ルーテシア納車の日です。

今回は販売店まで迎えに行かなければなりません。

脱ペーパードライバー(5)で急遽911を一人で運転することになった理由がこの日のお話です。夫婦二人で911に乗って販売店まで行き、私が911を運転、夫がルーテシアを運転して帰りました。

バックミラー越しに見るルーテシアはかっこよくて、ついニヤニヤしてしまいました。

いったん911は家に置いて、夫の運転でルーテシア初ドライブです。

「スポーツモード」の音が楽しい

試乗のときには試せなかった『R.S. DRIVE』ボタンを押してみます。

気合の入ったエンジン音にかわり、「ボボボッボッボッ…」と車内にも聞こえてきます。そしてアクセルを踏み込むと、ギアが変わるときに「ボンッ!」と破裂音が響きます。

はじめは驚きましたが、「ボンッ」と鳴るたびにテンションが上がります。この音めちゃくちゃ楽しいです。

初運転

私も少しだけ運転しました。

911との比較になってしまいますが、初めて運転してみた印象です。

  • 目線が高くて見通せる(それでも他のコンパクトカーに比べると低い?)
  • ハンドルが軽い
  • アクセルが軽い
  • 足回りが硬い

とても軽やかに走りますが、足回りは明らかに硬いです。でこぼこした道なら、そのままお尻に振動が伝わってきます。

私はカーブが苦手なのですが、ハンドルに合わせてギュンッとまわってくれます。

ルーテシアで運転練習

ルーテシア RS 外観

これからはルーテシアで運転練習です。

ルーテシアはマグネットがくっつくので、マグネットタイプを購入しました。シールタイプは汚れたボディの上に貼るとすぐに剥がれて飛んでいってしまうのですが、マグネットはその心配はあまり要りません。

まとめ

この記事のまとめです。

  • 中古車屋さんの諸経費は、販売店によって項目名も金額も異なる。
  • 車庫証明や名義変更手続きは、販売店に依頼するとそれぞれ料金がかかる。
  • 自分で車庫証明を準備する場合、平日の日中に警察署に出向く必要がある(お昼休みの時間帯は受け付けていないこともあるので要注意)。
  • ルーテシアは、一見どこにでもありそうなコンパクトカーだが、そのポテンシャルは未知数

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です