削らない治療はストレス軽減にも役立つ!快適な通院ができます

削らない治療を受けることで、ストレスが一気に緩和されます。やはり、痛くない治療というのは、それだけ心にもゆとりを持たせてくれるのです。

■『痛い治療』はけっこうストレスが溜まるもの

「歯医者で治療」と聞くと、おそらく多くの方が、嫌なイメージを抱くのではないでしょうか。以前の治療(削る治療)は、とても痛い傾向にありました。治療中はもちろんのこと、治療前から緊張をしたものです。「ああ今度の金曜日は歯医者で治療か・・・」なんて考えると、とても憂鬱になったものです。
しかし、現在は削らない治療が一般的になってきたため、治療においての痛みを感じにくくなりました。確かに、削らない治療といえども、多少の痛みは我慢しなければいけない場合があります。しかし、以前の治療と比べると、大分と楽になったものです。そのため、「治療に対してのストレスを感じにくくなった」という意見も、多く聞かれます。

「削らない治療」を経験すると、驚くほど歯医者が怖くなくなります

上述したように、以前の治療(削る治療)に慣れていると、痛みを伴うせいで歯医者に行くという行動がとても怖いように思えます。しかし、現在では削らない治療が主流です。
私も、5年ほど前に、「削らない治療に定評のある歯医者」に転院したことがあります。家からは少し離れたところにある歯医者(当時はいまよりも削らない治療を行う歯科が少なく都市部にしかなかった)に転院したのですが、やはり「治療は痛いもの」という認識があったため、治療を受けるまでは怖かったものです。
実際に削らない治療を受けてみると、驚くほどに痛くなかったことを覚えています。本当に治療が完了したのかと疑うほどでしたよ(もちろんきちんと治療できています)。それからは、その歯医者で定期健診を受けているのですが、治療が痛みにくい歯医者というものは、やはり怖くないものなのです。

■病院がストレスになってはいけない

ストレスによって新たな病気にかかってしまうこともありますからね。できるだけ、病院通院というものに、ストレスを感じないようにしたいものです。
そのためにも、病院に恐怖心を持たないようにしなければいけません。「治療が上手な病院」「安心して任せられる医師」などといった要素が揃うと、たとえ歯医者だとしても、ストレスを感じずに通院をすることができますよ。

■まとめ

「削らない治療」を受けることによって、大分と治療に対するストレスを緩和することができます。自分に合った歯医者を見つけて、なるべく快適な通院をしていきたいものです。