削らない

埼玉県の歯医者でも始まった痛みの少ない治療にデメリットは?

埼玉県内の歯医者さんでも徐々に普及の始まった、削らないために痛みも少ないという最新の歯の治療方法。患者さんとしては、自分の歯がある程度残る上に、何よりも削る時の苦痛に耐える必要がなくなるというのは本当にありがたいことです。自分の歯が少しでも残れば、歯茎自体が弱ることも防止でき、数年先・数十年先を考えても長く自分の歯で生活できます。

■削らない治療方法とは?

歯を削らない治療の方法は、『カリソルブ』という薬剤で虫歯部分のみを溶かして除去という最先端の手法です。
長きにわたり行われてきた機械で歯を削る方法が痛かったのは、削っている最中に機械の刃先が神経に触れるからです。しかしこの方法であれば神経に触れることがないので痛みが軽減されます。

虫歯で困っている人には本当に嬉しい技術が開発されました。しかしメリットの有る物の裏には必ずデメリットも存在するものです。このカリソルブを使った削らない歯の治療法にデメリットはないのか?

 

■デメリットは費用

実は最大のデメリットは費用です。現在のところこの方法には健康保険が適用されません。従って全額が自己負担になってしまいます。しかも虫歯を薬剤で少しずつ溶かして治療を行っていくために治療期間も少し長くかかります。そのため虫歯の程度にもよりますが、1本の歯の治療に10,000円~20,000円程度の治療費が必要です。
歯には優しい方法ですが、お財布には厳しい方法とも言えます。

ですが、金銭的な部分にさえ目をつぶれば、確かにメリットの大きい方法です。まだまだこの方法を採用されている歯医者さんは埼玉県内でも少数ですが、いずれ全国のすべての歯医者さんに採用されるようになれば、きっと厚生労働省の認可も降りて健康保険適用の治療法になるはずです。

■夜間治療のある歯医者も

最近は埼玉県でももちろん、夜間も遅くまで診察をしてくれる歯医者さんが増えてきました。サラリーマンが会社を休まずに歯の治療ができる環境も徐々に整ってきているので、この歯を削らない画期的な方法の治療で、多少歯医者さんへの通院回数が増えても予約さえ取れれば治療に専念できます。もし今知覚過敏で虫歯の恐れがある歯があるようなら、早めに削らない歯医者さんを訪れて相談してみてくださいね。

埼玉県の歯医者さんでも実践している削らない治療で虫歯は完治する?

最近徐々に普及してきている痛くない歯医者さんの虫歯を削らない治療法。医学の進歩はめざましく、以前のように虫歯で侵された歯を痛みを堪えながら削って直してもらうということも少なくなりつつあります。いずれは、『昔の歯医者さんは虫歯をカリカリと削って歯を直していました』といったことを学校の教科書で習う日が来るかもしれません。

■そもそも本当に削らなくても虫歯は治るの?削らずに治すと本当に痛くないの?


試したことのない治療法だと不安も払拭しきれませんよね。答えはまず削らずに虫歯を完全に直せるのかという点ですが、早期の虫歯であればYesです。どんな病気でも同じですが、早期発見・早期治療を心掛ければ削らなくても完治できるようです。

次の削らなければ本当に痛くないの?という疑問も虫歯を早く治療すればするほど痛みもないようです。但し虫歯が進むと削って治療する必要があり、最悪の場合には抜歯が必要です。更に子どもの歯であれば、早期治療の場合はシーラントというプラスチックの一種の液を流し込んで、固める技法で治療が可能で、永久歯を可能な限り削ったり抜いたりしないように治療してもらえます。

■早めに歯医者さんへ!

もちろん大人の歯も、ごく初期の段階の虫歯であればふっ素樹脂を歯に表面に塗布して治すことも可能です。これらの事から、キーワードはやはり『虫歯の治療は早期に実施する』です。近年は、無痛の痛くない治療技術も発達し、加えて夜間でも診療してくれる歯医者さんが埼玉県でも増えてきました。そうなると敷居の高かった歯医者さんにも随分と行きやすくなり、早期治療を心がける人も増えてきそうです。

ただ、まだこの削らない治療を行ってくれる歯医者さんは埼玉県でも少数なので、存在自体を知らずに、虫歯の痛みが限界に達するまで我慢している人も多いはずです。逆に言えば歯医者さんの数は少なくても、削らない治療法があるということを知っている人が少ない今が、虫歯を治療するチャンスかもしれません。冷たいものを口にして、歯が沁みると感じたら、近所の歯医者さんが無痛治療を行っていないか確認してみましょうね。

埼玉県にも削らない歯医者さんは普及している?関東圏から増えてる?

名前を聞くだけで尻込みしてしまう人も多い歯医者さん。虫歯の治療には痛みが伴い、しかもあの虫歯を削る時の音が耳について恐怖を感じる人も多いようです。いくら麻酔をしてもらっていても、虫歯で痛めている歯を機械で削られるのですから痛みが伴います。

更に次回の治療まで詰め物などをしてもらいますが、口内に違和感があったり、その詰め物が取れてしまったりと、意外とトラブルや不快感も多いのです。

■出来れば削らないで自分の歯を残して治療できないものか?

出来るんです!医療は日々進化、最先端の虫歯治療は無痛であったり、虫歯を削らずに治してもらえるようになってきています。とは言っても東京のような大都会はともかく、埼玉でも普及しているのでしょうか?

ご心配なく。確かに首都圏を中心に普及している削らない虫歯治療ですが、関東圏を中心に埼玉にも徐々に普及しつつあります。ただ、これは東京都心でも同じですが、全ての歯医者さんで削らない虫歯治療を行っているわけではありません。まだまだ普及率はそれほど高くないようです。

■歯は一生もの

しかしあの虫歯を治してもらう時の痛みと、何よりも不快で恐怖心を煽るあの歯を削る音を聞かなくてもいいだけでも、精神衛生上とてもありがたいです。そして当然ですが、削ってしまった歯は元には戻りません。削らずに治療ができれば、自分の歯が残るわけですから嬉しい限りです。長い目で見れば、自分の歯が残っているので歯茎の緩みなども少なく、歳を取ってからの口内環境にも影響してきます。

歯を削って治療した人は、20年・30年後に総入れ歯になっていて、自分は自分の歯でまだまだ美味しいものを食べられているかもしれない。そう考えると、是非歯を削らずに治療してくれる歯医者さんがもっとドンドン普及してきてほしいものです。

また、痛みが軽減されることで、これまで歯の治療を躊躇っていた多くの人が、早期に治療に行くかもしれません。そうなると、日本人の口内環境が良くなり、食べ物も美味しく食べられるので、健康で生き生きした人が増えてきそうです。将来的には首都圏や埼玉など関東圏だけでなく、日本全国に普及してほしいものです。

埼玉県内で、削らない治療に定評のある歯医者を探す!たくさん点在!

万が一虫歯になってしまったり、定期健診で異常が見つかってしまった場合には、治療を行わなければいけません。
歯医者で治療を受ける」と聞くと、なかなかイメージが悪いものです。「痛そう」「恐そう」「行きたくない」といった意見がよく聞かれますが、実際は思っているほど悪くないようです。

現在では、「極力痛みが伴わない治療」を心掛けている歯医者が多々あります。そんな、「痛みを軽減する治療」で重要になってくるのが、「削らない治療」というものです。削る治療というものが、けっこう痛みの原因になるようですよ。
そのため、「削らない治療」に定評のある歯医者に行けば、極力痛みを避けた治療を行ってくれることでしょう。もちろん、埼玉県内にも、削らない治療に定評がある歯医者が多数点在しています。

■都市部では削らない治療が一般的

削らなければ治らない症状もあるようですが、医療技術の進歩とともに、削らなくても可能な治療が増えてきました。
削るとなると痛いものですし、ストレスにもつながります。また、治療回数も多くなってしまう傾向があります。
「詰め物が取れた」なんて状況にもなりやすいので、その後のケアも大切にしなければいけません。
そのため、「削らない治療」を行う歯医者が、流行に敏感な都市部を中心に、増えてきたといわれています。

■埼玉県でも削らない治療が一般的?

もちろん、東京都の隣である埼玉県の歯医者でも、削らない治療が一般的になってきています。特に、さいたま市の中心部などに多くなってきたようです。
今後さらに削らない治療が主流になってくることが考えられるため、郊外のほうにも普及してくることでしょう。

■削らない治療は本当に痛くない?

あくまでも、「痛みが軽減される」程度に考えておいたほうがよさそうです。確かに、以前の治療に比べると、ほとんど痛みは感じられなくなりました。しかし、治療は治療です。症状によっては、少々の痛みが伴うこともあるようです。また、症状がひどい場合などには、削らない治療が受けられないこともあるので、注意が必要です。

■まとめ

都市部を中心に、「削らない治療」が増えてきています。削らない治療によって、歯医者治療による痛みが軽減されると人気を集めています。もちろん、埼玉県内にも、削らない治療に定評のある歯医者がたくさん点在しています。

削らない治療は本当に痛くないの?削る治療と何が変化したのか

「削らない治療」に興味がある方も多いのではないでしょうか。削らない治療を行うことで、ストレスフリーな治療を行えると評判を得ています。さて、削らない治療は、本当に痛くないのでしょうか?

■完全に無痛になるわけではありません

「削らない治療」を受けるということは、痛みが伴いにくい治療を受けるということにつながります。しかし、「完全に無痛の状態で治療を受けられるわけではない」という認識が必要になってきます。
確かに、「削らない治療」というのは、無痛で治療が受けられるようなイメージを持ってしまいがちです。しかし、歯の症状が悪い場合などには、少々の痛みを覚悟しておかなければいけません。
特に、歯医者に行く前から、痛みが著しい場合は、削らない治療を行っても、少々の痛みが伴う可能性があります。

■以前の削る治療に比べるとマシ

「削らない治療でも少々の痛みが伴う」とはいっても、以前の削る治療に比べるとマシになってきました。
以前の削る治療は、けっこう辛かったものです。ただでさて削られているから痛いというのに、「自分の歯が削られている」と考えるのも気持ちが悪かったように思います。 私は、治療の3日くらい前から、緊張してお腹が痛くなったものです。それに比べると、削らない治療で伴う痛みは多少のものですので、大分とマシなのではないでしょうか。

麻酔をすることも少なくなった

もちろん、削らない治療は痛みが少ないため、麻酔を使用することも減ってきているようです。確かに、麻酔は痛みを感じられずに済む素晴らしいアイテムです。しかし、治療後の口内ときたら、とても違和感を感じてしまうものです。
やはり、麻酔をしないほうが、健康的なのではないでしょうか。もちろん、削らない治療を行うときでも、麻酔を使用することがあります。しかし、以前の治療に比べると使用頻度も減ってきたため、悩まされることも少なくなってきたのではないでしょうか。

■まとめ

「削らない治療」を行うことで、痛みを軽減させることができますが、完全に無痛状態で治療を行うのは難しいところがあります。しかし、以前の治療に比べると、驚くほど痛みを感じにくくなってきています。麻酔を使うことも減ってきているため、より健康的な治療を受けることができますよ。

「削らない治療を行う歯医者」は、混雑しやすい?質問にお答えします

「削らない治療」と聞くと、とても人気があるようで、混雑しやすいように思えてしまいます。いくら「痛くない治療」と言っても、予約ができなければ意味がありません。さて、「削らない治療を行う歯医者」は、混雑しやすいのでしょうか。

■「削らない治療」は人気です

もちろん、治療は痛くないほうがいいでしょう。同じような距離に、『昔からの方法で治療を行う歯医者』と『研究熱心で極力痛みを感じさせない治療を行う歯医者』があるとしたら、『研究熱心で極力痛みを感じさせない治療を行う歯医者』に多くの患者が集まることでしょう。
誰でも、「痛くない治療」を受けたいものです。そのため、削らない治療を行う歯医者には人気が集まりやすくなっています。

■現在は「削らない治療を行う歯医者」がたくさん そこまで集中しない

2010年代に入ってから、「削らない治療を行う歯医者」が著しく増えてきたように感じられます。現在では、簡単にそのような歯医者を探し出すことができるでしょう。東京や横浜、埼玉といった関東地方の都市部には、特に多い印象があります。
そのため、患者も上手い具合に分散していき、そこまで混雑はしない傾向にあります。予約も簡単に行えるようで、次の日に空きがある歯医者も多数確認することができます(ネット予約の場合)。

■メディアに取り上げられるような歯医者は、混雑することも

2000年代に入ったころは、「削らない治療」がとても新しく、テレビや雑誌などのさまざまなメディアに取り上げられていたものです。「削らない治療」がまだ珍しいころでしたから、多くの患者が殺到したようです。あれから現在に至るまでに、「削らない治療」が主流になり、今ではそこまで混雑することがありません。
しかし現在でも、メディアに取り上げられるような歯医者は、混雑をする傾向があるようです。特に、テレビの力は凄まじいものがあります。「取り上げられた次の日には、あっという間に予約が・・・」という状況も多く見られます。
しかし、街にあるような「普通の歯医者(削らない治療を行う)」であれば、そこまで混雑することはないでしょう。私の感覚では、インターネットで評判を得ている歯医者程度であれば、簡単に予約を取ることができるように感じます。

■まとめ

現在は、「削らない治療を行う歯医者」が多いため、そこまで混雑することがありません。しかし、テレビなどに取り上げられた場合、著しく混雑し、ま予約ができにくい状況にもなってしまうようです。

削らない治療を行えば、通院回数が減る?トラブルも少ない?

できるだけ、歯医者に行く回数は少なくしたいものです。削らない治療が主流になってきたことによって、通院回数も減ってきているのでしょうか。

■以前に比べて、通院回数は減ってきているようです

歯医者通院で厄介なのが、通院回数なのではないでしょうか。治療をしてもらえると思ったら検診だけで終わったり、治療をしてもらえたとしても、「次回はいつにされますか」なんて受付で言われて、「もう歯医者になんか行きたくないよ」といった気分になってしまいます。

しかし、削らない治療が普及してきたことで、大分と治療回数が減ってきたような気がします。削らない分、歯に対する負担も減っているわけですから、治療後に以前よりも診せる重要性がなくなってきているからだと考えられています。

また、歯科医も「患者は通院回数を減らしたいと思っている」ということを熟知していますので、極力通院回数が多くならないような治療に尽力しているようです。

■治療後のトラブルも減ってきました

 

私の場合、「治療後も以前と同じように痛む症状」と「詰め物が取れてしまった症状」に陥ってしまったことがあります。やっと歯医者通院から解放されたと喜んでいた時期のできごろです。もちろん、もう一度、歯医者に行かなければいけません。
以前は治療後のトラブルも、けっこうあったようです。仕事などで忙しい日々を送っている方は、そうそう歯医者にも行けないものです。
ただし、削らない治療が主流になってきてから、治療後のトラブルも減ってきています。そのため、再び歯医者に行かなければいけない、なんて状況も少なくなってきているようです。

■何度も通院させて診察代を取る 悪徳歯医者もあるので注意

何かと理由をつけて、何度も通院を促す歯医者もあるのが事実です。「今度の診察で治療をしていきましょう」と言っていたのにも関わらず、実際に診察を受けてみると「診察の前に唾液検査が必要ですね」と、ひたすら治療にこぎつけないのが常套手段のようです。また、治療を終えた後も、「事後経過が」などと理由をつけて、さらに診察を促してくる歯医者もあります。
インターネットなどでは、歯医者の評判を確認することができます。歯医者選びで失敗しないためにも、評判などを活用することをおススメします。

■まとめ

「削らない治療」が主流になってきたことにより、以前よりも通院回数が減ってきたようです。また、治療後トラブルも少なくなってきています。
何度も通院をさせようとする悪徳歯医者も存在しますので、充分注意してください。

削らない治療はストレス軽減にも役立つ!快適な通院ができます

削らない治療を受けることで、ストレスが一気に緩和されます。やはり、痛くない治療というのは、それだけ心にもゆとりを持たせてくれるのです。

■『痛い治療』はけっこうストレスが溜まるもの

「歯医者で治療」と聞くと、おそらく多くの方が、嫌なイメージを抱くのではないでしょうか。以前の治療(削る治療)は、とても痛い傾向にありました。治療中はもちろんのこと、治療前から緊張をしたものです。「ああ今度の金曜日は歯医者で治療か・・・」なんて考えると、とても憂鬱になったものです。
しかし、現在は削らない治療が一般的になってきたため、治療においての痛みを感じにくくなりました。確かに、削らない治療といえども、多少の痛みは我慢しなければいけない場合があります。しかし、以前の治療と比べると、大分と楽になったものです。そのため、「治療に対してのストレスを感じにくくなった」という意見も、多く聞かれます。

「削らない治療」を経験すると、驚くほど歯医者が怖くなくなります

上述したように、以前の治療(削る治療)に慣れていると、痛みを伴うせいで歯医者に行くという行動がとても怖いように思えます。しかし、現在では削らない治療が主流です。
私も、5年ほど前に、「削らない治療に定評のある歯医者」に転院したことがあります。家からは少し離れたところにある歯医者(当時はいまよりも削らない治療を行う歯科が少なく都市部にしかなかった)に転院したのですが、やはり「治療は痛いもの」という認識があったため、治療を受けるまでは怖かったものです。
実際に削らない治療を受けてみると、驚くほどに痛くなかったことを覚えています。本当に治療が完了したのかと疑うほどでしたよ(もちろんきちんと治療できています)。それからは、その歯医者で定期健診を受けているのですが、治療が痛みにくい歯医者というものは、やはり怖くないものなのです。

■病院がストレスになってはいけない

ストレスによって新たな病気にかかってしまうこともありますからね。できるだけ、病院通院というものに、ストレスを感じないようにしたいものです。
そのためにも、病院に恐怖心を持たないようにしなければいけません。「治療が上手な病院」「安心して任せられる医師」などといった要素が揃うと、たとえ歯医者だとしても、ストレスを感じずに通院をすることができますよ。

■まとめ

「削らない治療」を受けることによって、大分と治療に対するストレスを緩和することができます。自分に合った歯医者を見つけて、なるべく快適な通院をしていきたいものです。