埼玉県の歯医者さんでも実践している削らない治療で虫歯は完治する?

最近徐々に普及してきている痛くない歯医者さんの虫歯を削らない治療法。医学の進歩はめざましく、以前のように虫歯で侵された歯を痛みを堪えながら削って直してもらうということも少なくなりつつあります。いずれは、『昔の歯医者さんは虫歯をカリカリと削って歯を直していました』といったことを学校の教科書で習う日が来るかもしれません。

■そもそも本当に削らなくても虫歯は治るの?削らずに治すと本当に痛くないの?


試したことのない治療法だと不安も払拭しきれませんよね。答えはまず削らずに虫歯を完全に直せるのかという点ですが、早期の虫歯であればYesです。どんな病気でも同じですが、早期発見・早期治療を心掛ければ削らなくても完治できるようです。

次の削らなければ本当に痛くないの?という疑問も虫歯を早く治療すればするほど痛みもないようです。但し虫歯が進むと削って治療する必要があり、最悪の場合には抜歯が必要です。更に子どもの歯であれば、早期治療の場合はシーラントというプラスチックの一種の液を流し込んで、固める技法で治療が可能で、永久歯を可能な限り削ったり抜いたりしないように治療してもらえます。

■早めに歯医者さんへ!

もちろん大人の歯も、ごく初期の段階の虫歯であればふっ素樹脂を歯に表面に塗布して治すことも可能です。これらの事から、キーワードはやはり『虫歯の治療は早期に実施する』です。近年は、無痛の痛くない治療技術も発達し、加えて夜間でも診療してくれる歯医者さんが埼玉県でも増えてきました。そうなると敷居の高かった歯医者さんにも随分と行きやすくなり、早期治療を心がける人も増えてきそうです。

ただ、まだこの削らない治療を行ってくれる歯医者さんは埼玉県でも少数なので、存在自体を知らずに、虫歯の痛みが限界に達するまで我慢している人も多いはずです。逆に言えば歯医者さんの数は少なくても、削らない治療法があるということを知っている人が少ない今が、虫歯を治療するチャンスかもしれません。冷たいものを口にして、歯が沁みると感じたら、近所の歯医者さんが無痛治療を行っていないか確認してみましょうね。