Articles for 9月 2017

埼玉県の歯医者さんでも実践している削らない治療で虫歯は完治する?

最近徐々に普及してきている痛くない歯医者さんの虫歯を削らない治療法。医学の進歩はめざましく、以前のように虫歯で侵された歯を痛みを堪えながら削って直してもらうということも少なくなりつつあります。いずれは、『昔の歯医者さんは虫歯をカリカリと削って歯を直していました』といったことを学校の教科書で習う日が来るかもしれません。

■そもそも本当に削らなくても虫歯は治るの?削らずに治すと本当に痛くないの?


試したことのない治療法だと不安も払拭しきれませんよね。答えはまず削らずに虫歯を完全に直せるのかという点ですが、早期の虫歯であればYesです。どんな病気でも同じですが、早期発見・早期治療を心掛ければ削らなくても完治できるようです。

次の削らなければ本当に痛くないの?という疑問も虫歯を早く治療すればするほど痛みもないようです。但し虫歯が進むと削って治療する必要があり、最悪の場合には抜歯が必要です。更に子どもの歯であれば、早期治療の場合はシーラントというプラスチックの一種の液を流し込んで、固める技法で治療が可能で、永久歯を可能な限り削ったり抜いたりしないように治療してもらえます。

■早めに歯医者さんへ!

もちろん大人の歯も、ごく初期の段階の虫歯であればふっ素樹脂を歯に表面に塗布して治すことも可能です。これらの事から、キーワードはやはり『虫歯の治療は早期に実施する』です。近年は、無痛の痛くない治療技術も発達し、加えて夜間でも診療してくれる歯医者さんが埼玉県でも増えてきました。そうなると敷居の高かった歯医者さんにも随分と行きやすくなり、早期治療を心がける人も増えてきそうです。

ただ、まだこの削らない治療を行ってくれる歯医者さんは埼玉県でも少数なので、存在自体を知らずに、虫歯の痛みが限界に達するまで我慢している人も多いはずです。逆に言えば歯医者さんの数は少なくても、削らない治療法があるということを知っている人が少ない今が、虫歯を治療するチャンスかもしれません。冷たいものを口にして、歯が沁みると感じたら、近所の歯医者さんが無痛治療を行っていないか確認してみましょうね。

埼玉県にも削らない歯医者さんは普及している?関東圏から増えてる?

名前を聞くだけで尻込みしてしまう人も多い歯医者さん。虫歯の治療には痛みが伴い、しかもあの虫歯を削る時の音が耳について恐怖を感じる人も多いようです。いくら麻酔をしてもらっていても、虫歯で痛めている歯を機械で削られるのですから痛みが伴います。

更に次回の治療まで詰め物などをしてもらいますが、口内に違和感があったり、その詰め物が取れてしまったりと、意外とトラブルや不快感も多いのです。

■出来れば削らないで自分の歯を残して治療できないものか?

出来るんです!医療は日々進化、最先端の虫歯治療は無痛であったり、虫歯を削らずに治してもらえるようになってきています。とは言っても東京のような大都会はともかく、埼玉でも普及しているのでしょうか?

ご心配なく。確かに首都圏を中心に普及している削らない虫歯治療ですが、関東圏を中心に埼玉にも徐々に普及しつつあります。ただ、これは東京都心でも同じですが、全ての歯医者さんで削らない虫歯治療を行っているわけではありません。まだまだ普及率はそれほど高くないようです。

■歯は一生もの

しかしあの虫歯を治してもらう時の痛みと、何よりも不快で恐怖心を煽るあの歯を削る音を聞かなくてもいいだけでも、精神衛生上とてもありがたいです。そして当然ですが、削ってしまった歯は元には戻りません。削らずに治療ができれば、自分の歯が残るわけですから嬉しい限りです。長い目で見れば、自分の歯が残っているので歯茎の緩みなども少なく、歳を取ってからの口内環境にも影響してきます。

歯を削って治療した人は、20年・30年後に総入れ歯になっていて、自分は自分の歯でまだまだ美味しいものを食べられているかもしれない。そう考えると、是非歯を削らずに治療してくれる歯医者さんがもっとドンドン普及してきてほしいものです。

また、痛みが軽減されることで、これまで歯の治療を躊躇っていた多くの人が、早期に治療に行くかもしれません。そうなると、日本人の口内環境が良くなり、食べ物も美味しく食べられるので、健康で生き生きした人が増えてきそうです。将来的には首都圏や埼玉など関東圏だけでなく、日本全国に普及してほしいものです。